喫煙で影響が出てしまうピルの計算とは

女性の避妊薬として効果があるということでよく知られているのがピルです。これは生理周期を計算して飲み続けることで避妊効果が高まるものとして有名な避妊薬になります。これが何故、効果のある避妊薬として有名なのかというと、女性ホルモンをコントロールし、自主的に排卵を避けることができるからです。この服用には差がありますが大体21日間飲んで、7日間休むということが決まりになっています。この差というのは何らかの体調不良もしくはホルモンバランスが乱れたときなんかにも服用を中止しなくてはいけないことがあるからです。この原因の一つとして、喫煙が挙げられます。ピルは健康な人が飲む分には、リスクも少ない避妊薬になるのですが、喫煙者が飲むとなると、様々なリスクもつくことになりますし、様々な病気にもなりやすくなってしまいます。このリスクというのは副作用のことです。今の低用量ピルでは健常者の副作用は少なくなりましたが、喫煙者の副作用はいまだ改善されていないようです。この副作用には、頭痛、めまい、倦怠感などが挙げられます。また発症しやすくなる病気として、血栓症や心循環器疾患、不正性器出血なども挙げられます。今ではもう、これらの病気も健常者で服用している人の中ではほとんど発症しなくなってしまったものです。つまり喫煙によって、身体の器官が衰弱しているため、副作用の多いピルを飲んでしまうと身体が副作用に対抗できず、薬を飲んで逆に弱ってしまうということがあるのです。ピルに限らず、どの薬でも副作用というものはあるでしょう。しかし、健常者よりも喫煙者は副作用から受ける影響が大きいのでもし、副作用の強い薬を飲むときには、薬剤師もしくは医師に相談してみるといいのではないでしょうか。ピルを飲むときには十分に注意して服用してください。