ピルを飲んで腹痛や背中の痛み、これは副作用?

ピルは避妊のための薬です。薬はどんなものでも服用したことで何らかの副作用が出てしまう可能性があります。よくある副作用としては腹痛、腰痛、頭痛、吐き気、胸の張りなどの妊娠初期に起こる症状と同じようなものです。これはピルを飲むことで女性の体内のホルモンの濃度が妊娠した時と同じような状態になっているため、妊娠初期と同じような症状が副作用として現れると言われています。また、腹痛や腰痛などをかばうため無意識に身体のバランスを崩してしまい、その影響で痛みが背中にまで襲ってくることもあります。息苦しさや手足のしびれ、激しい頭痛がある場合には血栓ができて血管に詰まってしまっている可能性があります。放置しておくのは危険なので、これらの症状が現れた場合にはすぐに病院で診察を受けるようにしましょう。
腹痛や腰痛、吐き気などの副作用は2~3シートほど服用するとピルのホルモン濃度に身体が慣れてきて症状が改善していくと言われています。自分の身体がもともと持っているホルモンのバランスがピルの服用によって一時的に崩れてしまうことが原因でてて来る副作用のため、徐々に身体がピルのホルモン濃度に慣れてくると症状が改善されると言われているのです。
また、ピルと言っても種類によって配合されている女性ホルモンやその濃度が違っています。そのため、自分の身体に合わない女性ホルモンが配合されているためピルを飲んで副作用が出てしまうという可能性があります。配合されているホルモンの量が一定量だったり、日にによって変動するものなど様々な種類があるので、2~3シート飲み続けてみても症状の改善が見られない場合には、別のピルに変えてもらうのも一つの方法です。