ピルの副効用とは?

ピルと聞くと、避妊のための薬であるといったことや、その副作用など、思い浮かべることは人によって様々です。
そもそもピルとは、飲むことによって体内のホルモンバランスを妊娠している状態に近づけ、排卵を止める薬です。
これは卵巣と子宮の働きを休めることであるといえます。
ホルモンバランスを整え、卵巣や子宮を休めることは様々な副効用となって表れます。
副効用とは、ピルを飲むことによって避妊という目的以外のからだによい作用のことを指します。
数十年前、効果の強い高用量や中用量のピルしか無かった頃と違い、低用量のピルなど安全性が高まった現在では副作用よりも副効用の方に注目が集まっています。
まず、月経に関する副効用は月経痛が軽減すること、PMSや月経不順の改善、月経血量の減少やそれによる貧血症状の改善などがあげられます。
ホルモンバランスを整える薬ですから、ホルモンのバランスが原因で症状が出たり悪化したりするものに効果があります。
気をつけていても、仕事などで生活リズムが崩れがちな現代では、人によって月経にまつわる様々な悩みがあります。
ピルはこれらを改善することが期待できるのです。
他にも、生理日のコントロールまで行うことが出来ます。
また、卵巣嚢腫、子宮外妊娠、子宮内膜症、骨盤内感染症、子宮体がん、乳房良性疾患といった病気の予防にもなるのです。
毎月の月経に伴って繰り返す排卵は卵巣を傷つけてもいます。
このダメージが排卵痛を引き起こし、結果的に卵巣がんにつながるとも言われています。
ピルによって卵巣と子宮を休めることは、女性のからだにとって多くのよい作用があるのです。
また他にも、美容や健康に関しても副効用があります。にきびや多毛の改善、更年期障害、骨粗鬆症の予防につながるのです。

ピルは飲み忘れたらそこで終わり?

ピルを使って正しく避妊を行っていくためには定められた用量と用法を守って毎日飲み続けることが必要になります。
基本的には月経が始まった日に飲み始めて毎日飲みつづけ、最終的に休薬期間に入ります。
その間に飲み忘れてしまうと効果がなくなってしまうのではないかとピルを利用する人はよく考えますが、基本的には飲み忘れたら次の月経の始まった日から再スタートをするのが最も確実な方法です。
しかし、必ずしも飲み忘れたらそこで終わりではないということも知っておく価値があります。
飲み始めの時点で飲み忘れてしまった場合には、12時間以内であれば飲めば問題ないとされています。
また、24時間以内であれば、継続していくことによって妊娠のリスクを下げられることがわかっているため、まずは飲み忘れてしまった分を飲み、最初の2週間は別の避妊も併用していくという方法で避妊が達成できるとされています。
しかし、それ以上になってしまった場合には避妊の効果はほとんどなくなるのが一般的です。
服用途中での飲み忘れについては7日間ルールというものを知っておくことが大切です。
基本的にはピルを飲んでいると排卵を抑えることができますが、7日間のピルの服用によってほぼ休眠状態にすることができます。
そのため、24時間以内であれば飲み忘れても忘れた分を飲むことによって効果を継続することが可能です。
ただし、休薬期間に入る前の頃になってからの飲み忘れをしてしまった場合には休薬期間をのばすことが必要になることは留意しておきましょう。
ピルの飲み忘れをした期間分だけ休薬期間を足すようにすると妊娠のリスクを低減させることができるということが理解されているからです。

ピルは通販で買えます

避妊や生理を整える効果があるピルを入手する方法は病院で処方して貰う方法があります。
ただ、病院で処方して貰うのは診療してもらうのに時間がかかったり、病院へ行くのも大変だという人もいます。
そうした人たちが簡単に入手する事が出来る方法としてネットの通販サイトがあります。
ピルを日本で手に入れるためには通常は医師の処方せんが必要となりますが、通販サイトは医師の処方せんが無くても手に入れる事が可能です。
個人輸入でならば、海外の医薬品を手に入れるのは法律の範囲内であれば認められている行為となっています。
そのために、そうした通販サイトは一般の通販とは違って直接サイト運営会社が製品を取り扱って販売しているのではなく、海外の医薬品を個人輸入するための必要な手続きを代わりに代行するという形式をとっています。
普通にお店で購入するのとはそうした違いがありますが、それを通販利用者が気にする必要は無くて普通に通販で買い物をするのと変わらないで簡単に購入する事が可能となっています。
病院で処方して貰う手間が掛からないというだけでは無く、通販サイトから購入するのであればより安い値段でピルを購入する事も出来ます。
病院と比べると通販サイトを利用する事によるメリットも大きいですがデメリットもあります。
購入する製品については充分に理解した上で手に入れないと、そうした説明は通販では受ける事が出来ないです。
また、通販サイト自体が信用できるかどうかというのも問題であり、日本だと病院でなければ処方して貰えない薬を手軽に安く手に入るという事で利用書も多くなっていますが、その一方で偽物が販売されているなどといったトラブルも起きているのです。

生理痛緩和は鎮痛剤だけではないと知っていましたか?